Macでスクリーンショットの撮り方

Mac

MACを使い始めの頃はスクリーンショットの撮り方が、案外分からないものです。ここではMACでのスクリーンショットの撮り方をご紹介します。

MACのスクリーンショット

画面全体のスクリーンショット

画面全体のスクリーンショットを撮るには、[command] + [shift] + [3]を同時に押します。撮影されたスクリーンショットはデスクトップに保存されます。

範囲指定のスクリーンショット

範囲を指定してスクリーンショットを撮るには、[command] + [shift] + [4]を同時に押します。マウスカーソルが十字形のアイコンに変わるので、範囲をドラッグしてスクリーンショットを撮ります。撮影されたスクリーンショットはデスクトップに保存されます。

ウィンドウ指定のスクリーンショット(影あり)

特定のウィンドウを指定してスクリーンショットを撮るときは、操作が何段階かに分かれます。まずは影ありの方法です。最初に[command] + [shift] + [4]を同時に押すと、マウスカーソルが十字形のアイコンに変わります。

マウスカーソルが十字形の状態で[スペース]キーを1回押します

[スペース]キーを押すと、左図の様にカーソルがカメラの形に変わります。

カーソルがカメラの状態で、スクリーンショットを撮影したいウィンドウの上にカメラを移動させると、ウィンドウ全体が青くハイライトされて、これから撮影しようとしているウィンドウを選択していることが視覚的に分かります。

スクリーンショットを撮影するウィンドウが、青くハイライトされているウィンドウでよかったら、マウスをクリックして撮影します。撮影されたスクリーンショットはデスクトップに保存されます。

撮影されたスクリーンショットは下図のように、ウィンドウの周りに影がついていて、ウィンドウが少し浮き上がって見える画像になります。影の部分があるのでウィンドウの画像は一回り小さな画像になります。

ウィンドウ指定のスクリーンショット(影なし)

特定のウィンドウを指定してスクリーンショットを撮るときは、操作が何段階かに分かれます。影なしの方法です。最初に[command] + [shift] + [4]を同時に押すと、マウスカーソルが十字形のアイコンに変わります。

マウスカーソルが十字形の状態で[スペース]キーを1回押します

[スペース]キーを押すと、左図の様にカーソルがカメラの形に変わります。

カーソルがカメラの状態で、スクリーンショットを撮影したいウィンドウの上にカメラを移動させると、ウィンドウ全体が青くハイライトされて、これから撮影しようとしているウィンドウを選択していることが視覚的に分かります。

スクリーンショットを撮影するウィンドウが、青くハイライトされているウィンドウでよかったら、[option]キーを押しながらマウスをクリックして撮影します。撮影されたスクリーンショットはデスクトップに保存されます。

撮影されたスクリーンショットは下図のように、ウィンドウの周りに影が無い画像になります。

スクリーンショットの撮影中止

スクリーンショットの撮影を途中で中止したい場合は[esc]キーを押します。

クリップボードに保存

スクリーンショットを撮りたいけど、わざわざ画像ファイルは必要なくて、クリップボードに直接保存したい場合は、スクリーンショット撮影の最後の操作の時に[control]キーを押しながら操作してみましょう。そうすれば画像がクリップボードに直接保存されるので、いろんなアプリケーション等で「ペースト」を行う事で画像データを直接扱う事が出来ます。

目的に合わせてスクリーンショットを撮る方法を使い分けしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました