WordPress記事のコピー方法

WordPress

多くの投稿や固定ページを作成していると、新しい記事(投稿や固定ページ)を作成する毎に1つずつ項目を並べて作成していては作業の効率が下がってしまいます。類似の記事を作成する場合は、もともとある記事をコピーして編集する方が、ずっと簡単に且つ編集ミスも少なくなるものです。ここではWordPressの投稿や固定ページを複製する方法をご紹介します。

投稿や固定ページのコピー方法

投稿や固定ページを複製(コピー)する方法は手動で行う方法とプラグインで行う方法があります。

手動でコピーする

まずは手動でコピーする方法です。コピー元となるページを、いつもの編集をするように開きます。画面の右上の「‥」の表示をクリックします。

メニューが表示されるので、[すべてのコンテンツをコピー]をクリックします。これでクリップボードにコピーされている状態になります。

コピー先のページを開いたら、編集画面の中で右クリックをして[ペースト]をクリックします。

コンテンツがペースト(貼り付け)されます。これでコピーが完了です。

プラグインでコピーする

次はプラグインでコピーする方法です。プラグイン使用時の注意点としては、プラグインを使用するとWordPressアップデートの時にWordPressのバージョンに対応していない場合は、何かエラーが発生する可能性があり、もしくはプラグインそのものがアップデートされなくなる場合がある事です。

ほとんどの場合は問題無く使用できるので、ここでは記事(投稿や固定ページ)をコピーするプラグインをご紹介します。記事をコピーするプラグインは幾つかあるのですが、多くの人にインストールされていて人気の「Yoast Duplicate Post」というプラグインで説明していきます。

まず、いつものように投稿一覧を開いてみましょう。プラグイン無しでは記事を複製(コピー)するコマンドは、ありません。

それではプラグインをインストールしてみましょう。WordPressのナビゲーションメニューの中の、[プラグイン]から[新規追加]をクリックします。

プラグインの検索に「Yoast Duplicate Post」と入力します。

プラグインが見つかったら、[今すぐインストール]をクリックします。

インストールが完了したら[有効化]をクリックします。

これで記事が複製できるようになりました。投稿一覧を開いて記事のタイトルの場所にマウスカーソルを移動させると、「複製」のコマンドが増えています。

試しに記事を複製してみましょう。下の例は「WordPress記事のコピー方法」という記事を複製してみました。コピーした記事が「下書き」状態で増えているのが分かります。固定ページも同じように複製が出来るようになっているので、確認してみて下さい。

これで作業がはかどりますね。

タイトルとURLをコピーしました