WordPressバックアップからの復元

WordPress

WordPressのがエラーを起こしてもバックアップデータがあれば、いつでも元の状態に戻す事ができます。ここではWordPressをバックアップから復元する方法をご紹介します。

WordPressバックアップからの復元

バックアップを取るまでは良かったのですが、バックアップから復元する方法を知っておかないと、せっかくのバックアップも役に立ちませんよね。まずは手動での復元方法です。手動で復元するには、手動で事前にバックアップを取っておく必要があります。

バックアップの取り方はこちらから。

手動でバックアップから復元する

注意点ですが、WordPressの手動復元はバックアップを取る事よりも非常にデリケートな作業になり、WordPressで発生する問題は、その要因やWordPressのカスタマイズの状況によって復旧(リストア)方法が細かい部分で違ってきます。ここで説明する方法は、一旦WordPressをまっさらな状態に戻してから復元させる方法になり、個別要因から復旧(リストア)する事とは意味が異なります。(WordPressを別サーバーに引っ越しする際も、バックアップからの復元になります)

もしWordPressに詳しい人が近くにいるのであれば、手動での復元作業は、その人に依頼することをお勧めします。

バックアップから復元するには、まずはWordPressをバックアップをとった時の環境にします。WordPressを初期インストール状態にするのですが、初期インストール状態にはサンプル投稿やコメントがあるので、それは削除しておきます。もちろん、WordPressをインストールする場所はバックアップをとった時と同じパスにしておく必要があります。

あとはバックアップとして自分のPCの中に保存している、plugins、themes、uploadsのフォルダを、FTPソフトを使用して、元々あった場所にドラッグ&ドロップでアップロードします。すでに同名のフォルダがある場合は上書きOKで問題ありません。

フォルダーのアップロードが終わったら、次の作業を忘れずに行います。

  • バックアップの前に使用していたテーマの有効化
  • バックアップの前に使用していたプラグインの有効化
  • 各種設定(一般設定、パーマリンク)を再設定

最後にxmlファイルをアップロードします。
画面左側に表示されているナビゲーションメニューの[ツール]→[インポート]をクリックします。

[今すぐインストール]をクリックします。

[インポーターの実行]をクリックします。

WordPressのインポート画面になったら、[ファイルの選択]をクリックして、自分のパソコンの中に保存したxmlファイルを選択します。

ファイルを選択した後は、[ファイルをアップロードしてインポート]をクリックします。

以上で手動での復元は完了です。結構、大変ですよね。

プラグインでバックアップから復元する

All-in-One WP Migrationプラグインを使用してのバックアップからの復元方法を説明します。参考として、All-in-One WP Migrationプラグインでのバックアップの取り方はこちらになります。

結論から言うと、All-in-One WP Migrationプラグインを使用しての復元は有料版でのみ出来ます。有料版は7,000円程度なのですが、手順だけでも覚えておけば心強いものですし、バックアップデータがあれば、いざとなったら7,000円払えば復元できると思えば安心です。

レンタルサーバー内にバックアップデータがある場合

ナビゲーションメニューの[All-in-One WP Migration]の中の[バックアップ]をクリックします。

レンタルサーバー内にバックアップデータがある場合は簡単です。
画面右側の、グレーの丸いアイコンの上にマウスを移動させます。

アイコンが変化するので、[復元]をクリックします。

復元は有料版であるメッセージが表示されます。有料版が必要な場合は[有料拡張]をクリックします。

有料版の申し込み画面になります。$69(約7,000円)です。

お財布と相談して有料版を使用しましょう。

自分のパソコン内にバックアップデータがある場合

ナビゲーションメニューの[All-in-One WP Migration]の中の[インポート]をクリックします。

[インポート元]をクリックします。

[ファイル]をクリックして、バックアップデータを選択します。

次のような画面が表示されれば、バックアップデータをアップロード(インポート)しています。しばらく待ちましょう。

ファイルを選択して、もし次のようなメッセージが表示されたら、最大アップロードサイズを変更する必要があります。All-in-One WP Migrationプラグインの最大アップロードサイズは、512MBまでは無料で引き上げる事が出来ます。最大アップロードサイズを引き上げる方法は次に記載します。

All-in-One WP Migrationの最大アップロードサイズ変更

最大アップロードサイズがバックアップファイルのサイズに対して小さい場合は、次の画面が表示されます。この画面の青文字で記載されている[制限をなくす]をクリックします。

プラグインのダウンロードサイトが表示されます。[Basic]の[Download]をクリックしてプラグインファイルをダウンロードします。こちらは無料です。

プラグインファイルのダウンロードが完了したら、このファイルをWordPressにアップロードします。もし、ダウンロードした時に自動的に解凍されたら手動でzip形式に圧縮してください。

ナビゲーションメニューの[プラグイン]の中の[新規追加]をクリックします。

[プラグインのアップロード]をクリックします。

[ファイルを選択]をクリックして先ほどダウンロードしたzipファイルを選択します。

ファイルの選択後に、[今すぐインストール]をクリックします。

[プラグインを有効化]をクリックします。

これでAll-in-One WP Migrationプラグインの最大アップロードサイズの引き上げが完了です。念のために確認してみましょう。

ナビゲーションメニューの[All-in-One WP Migration]の中の[インポート]をクリックします。

最大アップロードサイズが512MBになっている事が確認できます。

備考として、この最大アップロードサイズの変更はAll-in-One WP Migrationプラグインのみで有効です。通常のメディアファイルのアップロードサイズは引き上げされていないので覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました